宇都宮市の葬儀・家族葬は、葬儀社・浄邦葬祭が承ります。斎場・葬儀式場、雀宮式場をご用意。家族葬から社葬までのお葬式に対応。

株式会社 浄邦堂

 

 

 

 

 

 

 

 

挨拶文例集

挨拶文例集 > 挨拶のポイント

遺族として

葬儀では、遺族の立場として参列していただいた方々に挨拶をする場面が多くあります。しかしながら悲しみの中、自分の言葉で挨拶をすることは、とても難しいものです。平静な状況ではありませんので、型どおりの短い挨拶でも構いません。ただし、参列してくださった方々への感謝の気持ち・故人が生前お世話になったことへの感謝の気持ちを表すことがポイントです。

参列者として

悲しみに沈むご遺族の方々への挨拶は、その言葉を捜すことに悩んでしまいます。ご遺族の悲しみを察して、故人の死を悼む気持ちを込めて、できるだけ手短にお悔やみの挨拶をするようにします。

 

また、お悔やみの言葉には避けなければならない忌み言葉があります。たとえば、「重ね重ね」「また」「もう一度」など繰り返しを連想させるような言葉は避けるようにしましょう。

 

宗教によっては死を表す言葉に違いがあるので注意しましょう。たとえば、仏教では「成仏」「冥福」、神道では「永別」「帰天」、キリスト教では「召天」「神のもとに召され」などと使います。